Pocket

 

トライズの英会話上達法とは?

 

日本には、たくさんの英会話スクールがあります。しかし、それらに通う人のほとんどが英会話を習得できず、途中で挫折してしまいます。

 

なぜ、ほとんどの人が英会話を習得できないのでしょうか?その原因の一つとして、英語に対する間違えた先入観があげられます。

 

今回は、「間違えた英語の先入観」と「正しい英会話上達法」の違いについて述べて行きます。そして、色々な英会話の上達法について追究していきます。

 

 

英会話の上達法①!「完璧でなければ通用しないは 勘違い!」

トライズ英会話!完璧でなければ通用しないは 勘違い!

 

日本人は英会話を行う時、間違うことを恐れて「もっと英会話が上手くなってから話そう」と考えがちです。その背景にあるのが、「発音も文法も完璧に正しくなければ通用しない」という勘違いです。

 

日本人の多くが英語学習に対して、「できるか?」「できないか?」という オール ・ オア ・ ナッシングの考え方を持っているのです。

 

だから、ある程度英会話ができる日本人でも、外国人に会うと「きっと会話が成り立たないだろう」とコニュミケーションをあきらめる人が多いのです。

 

日本人は「語学ができる=100%完璧に話せる」というのが、前提になっています。しかし、欧米のネイティブ英会話は、全く逆の考え方なのです。

 

例えば、アメリカのような移民が多い多民族国家では、英語をペラペラと話せる人から、片言しか話せない人、全く話せない人まで、あらゆる語学レベルの人が共存しています。

 

アメリカのような多民族国家では、相手が話す英語が ネイティブであることなど、最初から期待していません。

 

 

英語を話す人の約80%が非ネイティブ!

世界の人口の約70億人のうち、英語を話すのは、約17億人と言われています。そのうち第一言語として英語を使用しているのは、約3.8億人で、英語を話す人の約22%しかいません。残りの約13.6億人は、第二言語として英語を学んだ非ネイティブなのです。

 

つまり、日本人が英語でコミュニケーションをとる相手の約80%が非ネイティブなのです。ネイティブですら正しいきれいな英語を期待していないのです。約80%を占める非ネイティブ同士の会話で 完璧さは、もっと気にする必要はありません。

 

発音や言い回しがつたなくとも、意思疎通ができれば 何の問題もないのです。それが一般的なアメリカ人の考え方なのです。つまり 英会話は、「発音も文法も完璧に正しくなくても通用する」のです。

 

下手な英語でも 間違いを恐れずに、まずは英語を話すこと(アウトプット)が一番大事なのです。

 

 

英会話の上達法②!「開き直りが 短期間で習得するための 第一歩!」

トライズ英会話!短期間で習得するための 第一歩!

 

日本人が英語を話せない理由の一つに「間違いを恐れる気持ち」があります。間違えてはいけない、正確に話さなくてはと思うために、積極的に話せない人が多いのです。

 

なぜ、多くの日本人はそのようになったのでしょうか?その原因は、学校教育で「そこは比較級ではなく最上級で」などと 細かく指導され続けて来た為、間違えてはいけないという強迫観念が植え付けられているからなのです。

 

日本の教育は、間違えたらマイナスになる減点法です。しかし、減点法では、マイナスになるくらいなら、黙っていた方うが良いと思ってしまうようになります。

 

しかし、話さなければ、いつまでも英会話は上手になりません。日本の学校の英語教育は、まさしく悪循環の勉強法なのです。

 

欧米の教育は、減点法ではなく、加点法です。留学生の多いアメリカの学校では、誰でも初めから英文法ができるわけではありません。

 

最初のうちは間違いだらけの英会話ですが、自分の言いたいことをどんどん話して、間違えるから英会話を覚えるのです。

 

大事なことは、「自分の頭で考えて、自分で発言すること」なのです。日本の学校の減点法の授業は、「決まった答えに導くための勉強」です。しかし、それでは、英話を自分の頭で考える力が養えないのです。

 

英語のコミュニケーションスキルを伸ばす為には、欧米のように加点法で勉強しなければならないのです。

 

英会話の勉強は、発音がネイティブ並みでなくても、多少の間違いがあっても良いのです。まずは失敗を恐れずに 積極的に英語を話すこと(アウトプット)が大事なのです。

 

「必要なコミュニケーションがとれれば良い」と開き直って英語を話して下さい。その開き直りが、「使える英語」を短期間で習得するための第一歩なのです。

 

 

英会話の上達法③!「英話を自分の頭で考えて作る!」

トライズ英会話!英話を自分の頭で考えて作る

 

日本人は減点法で、欧米人は加点法とよく言われますが、それは学校教育だけではありません。皆さんが、働く会社の評価も同じく、日本企業は減点法で、欧米企業は加点法なのです。

 

突き詰めると、日本の会社どころか、日本社会全体が減点法です。子供の頃、親から「○○君はできるのに、なぜあなたは出来ないの?ダメね」と比較されて減点された事はありませんか?

 

このように、日本では、学校、会社など全てが減点法なのです。これでは、萎縮して英会話も積極的に話せませんね。

 

しかし、「英話を自分の頭で考えて 作ること」は、工夫すれば、誰でもできます。日本の学校で、学生に英文を書かせると、教科書の例文を少し変えて、当たり障りのない文章をつくります。

 

例えば「のどが渇いたので、たくさんの水を飲みました」等の文章を書きます。なんの感情も こもっていない文章ですが、学校の授業ならば、そのまま先に進むでしょう。

 

英話を自分の頭で考える為に 大切なのは、文章をつくる時に、自分の「感情」や「考え」をそこに込めることなのです。「昨日、テレビの悲しいドラマを見ていたら、亡くなった友人の事を思い出し、泣けてきた」のように自分の考えや身近に起きた出来事などを文章に入れるのです。

 

起承転結を入れて、3行くらいの文章にすると中身のある話になります。あなたが学生ならば、学校の授業でも このような工夫をすれば、英話を「自分の頭で考える力」が養われます。一度ぜひお試し下さい。

 

 

英会話の上達法④!「下手な人こそ アウトプットの強化!」

トライズ英会話!アウトプットの強化

 

英話の勉強で 自分の考える力を養うためには、インプットと並行して「アウトプット(実践)」に力を入れると大変効果的です。

 

英語のアウトプットとは、頭の中にある英語を 素早く組み合わせて 外に出すことです。日本人の多くが「英語をもっと上手くなってから話そう」と考えます。しかし、それは間違いです。

 

下手でも、どんどん話す訓練をしない限り、永遠に英語を話せるようにはなりません。英話が下手だからこそ、アウトプットをしまくるべきなのです。

 

しかし、英語のインプットの勉強は やりやすいのですが、アウトプットの勉強はやりづらいのです。インプットは、いつでも どこでも 一人でも勉強できます。テキストを開いたり、ヒヤリング教材を聞いたりするなら、通勤電車の中でも可能です。

 

ところが、アウトプットの勉強は、基本的に相手が必要ですので、いつでもどこでもできません。その為、日本人の英話の勉強はアウトプットがとても不足しているのです。

 

日本人が 英会話を習得するためには、 不足している「アウトプットの勉強の機会」を最優先に確保しなければならないのです。

 

 

積極的にアウトプットできていますか?

トライズ英会話!アウトプットできていますか?

 

あなたは、間違いを恐れずに 積極的に英語を話せていますか?

 

もし、あなたが 「英語をもっと上手くなってから話そう」とアウトプットの勉強を後回しにしている場合、いつまでも英会話は上達しないでしょう。

 

しかし、そこで 英会話の習得をあきらめないで下さい。なぜなら 英会話は 良質のスクールに出会い、きちんと勉強すれば 必ず習得できるのです!

 

 「積極的にアウトプットしていく」学習スタイルを徹底している最良質の英会話スクールをご紹介します。それが「トライズの英会話スクール」なのです!

 

トライズは最良質の英会話スクールです。1年間勉強を継続した時、あなたは、安全確実に、目的に合った英会話が習得できます!

 

トライズの無料カウンセリングで、あなたの英語学習に関する悩みや目標などを気軽に相談してみて下さい。

 

カウンセリングは完全無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら ⇩

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

Pocket