Pocket

留学しても 英会話が上達しない理由

 

あまり知られていませんが、外国に留学しても、多くの日本人が 英会話が上達しないまま帰国しています。

それは、なぜなのでしょうか?

今回は、「外国に留学しても 英語力が伸びない6つの理由」について追究していきます。

 

留学で英会話が上達しない理由① 「留学先で日本人同士でつるむ !」

日本人同士でつるむ

 

留学しても、英語力が伸びない大きな原因としては、留学先で日本人同士でつるむことがあげられます。

 

日本人同士だと お互いに日本語で話をします。そうなると かなり高確率で英語力が伸びません。

 

英語と日本語とでは、文法構造が全く違います。その為、頭の中を日本語から英語脳に切り替えるには時間がかかるのです。

 

それなのに、留学先で日本人同士で日本語を話していると、いつまでも 頭を英語脳に切り替えることができません。英語の上達には、英語脳への切り替えが必須なのです。

 

 

留学で英会話が上達しない理由② 「語学学校だけをあてにしている!」

日本人は英語を語学学校だけで習得しようとします。しかし 留学先の語学学校の勉強だけでは、英会話は上達しません。大事なのは、外に出て現地の人と積極的に交流することなのです。

 

例えば、語学学校が1クラスに10人だとしたら、発言する機会は 10分の1です。授業中だけの学習では  話す機会が少ない為、なかなか英会話は上達しません。

 

そして、通常、語学学校では発音については、ほとんど教えてくれません。発音は、自分自身で身につけるしかないのです。

 

日本の中学や高校での勉強と同じです。大切なのは、授業以外の時間に自分自身で努力して勉強することなのです。そして、外に出て 積極的に現地の人と話することなのです。

 

友人と買い物に出かけたり、現地でアルバイトやボランティアをしたり、本気になれば、英会話を勉強する方法はたくさんあります。

 

 

留学で英会話が上達しない理由③ 「自分の考えや意見がない!」

英会話上達法!重要なことは内容!

 

日本人が 英語力が伸びない原因として、自分の考えを相手に伝える事が苦手なことがあげられます。

 

英語に必要な英単語や文法の基礎力があるのに、英語が話せない日本人は非常に多いのです。

 

それは何故なのでしょうか?その原因は、「相手に伝えたいことが明確でない」からなのです。この日本人特有の欠点を理解しておかないと、海外留学しても英会話はなかなか上達しません。

 

日本人は、本音と建前を分けて話します。その為、通常 建前ばかり話す日本人は、英語で話す場合、本音の言葉が出てきにくいのです。

 

日本語ならば、慣れている為、瞬時に本音と建前を使い分けて話せるのですが、英語を話す場合は、当然 難易度が上がりますので言葉が出なくなるのです。

 

しかも、日本人のように建前ばかりの会話が多い場合、周りの意見に合わせてばかりになり、自分自身で考える習慣が少なくなるのです。

 

日本人は言われた通りにやることが良いと言う風潮があります。その為、自分の意見や相手に伝えたい事を考える習慣が外国人に比べて少ないのです。

 

海外に留学する場合、前もって 「自分の意見や考えを相手に伝える訓練」をしておくことが大事なのです。

 

 

留学で英会話が上達しない理由④ 「失敗を恥ずかしがる日本人!」

海外に留学しても、多くの日本人が、失敗を恥ずかしがり 現地の人を積極的に英語を話しません。

 

しかし、初めは 誰でも英語が話せないのが当たり前です。恥ずかしがらないで積極的に話すことが重要なのです。

 

英語の勉強はプロセス上の失敗は気にする必要はありません。逆に、失敗をするほど、そこから学ぶことができます。

 

教科書での勉強も重要ですが、それと同じ位、普段の失敗から学んだ方が効率的に実力がアップするのです。失敗を恥ずかしがらずに、積極的に話すことが早く英会話ができるようになる秘訣です。

 

大事なのは、自分の考えを相手に伝えることです。ゆっくりで良いので 恥ずかしがらず、堂々とゆっくりと話すと相手に伝わりやすくなります。

 

そして 周りの会話に参加することが英会話が伸びるコツです。あなたの恥ずかしいという心理的なストッパーを外してみましょう。

 

 

留学で英会話が上達しない理由⑤「トライ &  エラー が重要!」

Challenge

 

一般的に おとなしい日本人留学生は、失敗を恐れて色々な事にチャレンジしません。

 

しかし、失敗を恐れて動かないと英語は上達しません。海外に留学して英語を習得する為に重要なことは、「トライ &  エラー」です。

 

失敗を恐れずに、知識を身につけたら、それを会話で積極的に使うことが重要なのです。

 

文法通りに話さないと恥をかく等は考えず、とにかくあなたの出来る範囲を相手に伝えれば良いのです。その積み重ねが、あなたの英語力を大きく伸ばすのです。

 

海外では失敗を恐れて精神的に追い詰められることもあります。しかし、余裕がないとかえって結果が出なくなります。

 

失敗は自分自身を伸ばす糧を思い、自分を追い込まないように、気楽に行うメンタルも大事なのです。

 

 

留学で英会話が上達しない理由⑥「日本語と英語は文法構造が大きく違う。!」

 

英語の勉強で単語は大事ですが、同じく文法も重要です。日本人留学生には、「英単語を並べて言えば、相手に伝わるでしょう」という考えの方は結構多いのです。しかし、それは間違いです。

 

日本語と英語は文法構造が大きく違います。例えば、日本語は主語がなくても、相手に伝わります。日本語なら「大丈夫」「平気」の一言でも、なんとなく相手に伝わります。

 

日本語で行う会話は、曖昧で、適当でも伝わるのです。しかし、英語は日本語のように、曖昧で適当では伝わりません。

 

英語はロジカル(論理的)な言語ですので、主語、動詞、目的語が揃って、文が成立して会話が成り立ちます。その為、曖昧で適当では伝わらないのです。

 

英語は、「YES、NO がはっきりしたロジカルな言語」ですので、英会話でも文法は大事なのです。

 

 

留学で英会話を上達する為には、事前の基礎力向上が必要!

英会話コーチングスクール!

 

留学前には、基礎的な英語力を身につけておくことを薦めします。勉強しないで留学すると、会話で言いたい言葉も浮かんでこなくて 会話もまともに出来ない状態になります。

 

特に、単語位は勉強して語彙を増やしておかないと、文章も読めませんし、友人の話していることも理解できません。 言葉が詰まる大きな原因は語彙力不足です。まずは基礎学力を身につけることが重要です。

 

そして、発音も勉強も必要です。なぜなら 発音は英会話を習得する上で重要な要素だからです。発音が出来ないと相手とコミュニケーションができません。

 

逆に 発音ができれば、相手に言いたいこと伝わり、会話が楽しくなってきます。好循環が出来て英語力も伸びてきます。

 

コーチング英会話スクールをお薦めします!

海外に留学したからといって必ず英語を話せるようになるわけではありません。逆に、留学する人こそ、留学前に英語の基礎を作っておく必要があるでしょう。

 

英会話を習得するには、リスニング、スピーキング、発音、単語、文法など勉強しなければならない事は山ほどあります。

 

やることが多い為、多くの人が「自分自身が何が苦手なのか?」「自分の英語能力なら何から勉強するのが効率的なのか?」等がわからないのです。

 

だからこそ、外国に留学する前に、自分の英語力を客観的に検査してもらうのがベストなのです。最近では、コーチング英会話スクールが結果が出ると話題です。

 

コーチング英会話スクールは、あなたの英語力を調べ、その能力に合わせた効率的な学習プランを提供してくれるのです。

 

日本人が英語を話せるようになるようになる為には、効率的な勉強を行うことが大事です。この究極の効率的な勉強法を教えてくれるのがコーチング英会話スクールなのです。

 

コーチングスクールならば、 専属コンサルタントがマンツーマンであなたをフォローしてくれる為、スクールを卒業する頃には英語が話せるようになります。代表的なコーチング英会話スクールを「トライズの英会話は効果があるのか?「成果の出る英語学習方法」とは?」で紹介しています。ぜひご参照くださいませ。

 

英会話の習得だけが目的なら高額な費用のかかる海外留学よりも、コーチングスクールの方が時間も費用もはるかに効率的です。私なら、英会話の習得にみならコーチングスクールを利用します。

 

英会話コーチングスクールの費用は「トライズの料金はコスパが良い!他の英語スクールと比較してみた結果!」で紹介しています。ぜひご参照くださいませ。

 

 

Pocket