Pocket

トライズ英会話 成功の秘訣!

 

英語を勉強する多くの日本人が、インプットの勉強をとても熱心に行います。英単語を暗記し、文法を復習し、洋書を読み、多種多様なヒヤリング教材に取り組んでいます。

 

しかし、懸命に英語のインプットを行っても、ほとんどの日本人が 英会話が出来ないのは、何故なのでしょうか?

 

その原因は、日本人の英語勉強法の「インプット」と「アウトプット」のバランスが悪さにあります。

 

今回は、英会話の習得で多数の成功者を輩出している トライズ英会話の「インプット」と「アウトプット」の勉強方法について追究していきます。

 

トライズ英会話の秘訣①! 重要なのは 話す内容です!

英会話上達法!重要なことは内容!

英語が話せると人とは、発音がネイティブで、流暢に話せる人だと言うイメージがありますが、実際はそうではありません。  アメリカでは、世界中から多くの人がやって来ます。

 

大学でも、中国人やインド人の先生も大勢います。 そして、彼らは、みんなそれぞれのお国訛りの英語を臆せずどうどうと話しています。

 

日本人ではあまり知られていませんが、アメリカでは、発音がネイティブではないからと、見下すような事はありません。 多くの人種が共存するアメリカでは、多少、発音が違っていても誰も気にしないのです。

 

重要な事は、その人が何の話をしているかなのです。 つまり、発音より、話す内容が重要なのです。

 

しかし、日本の学校での英語教育は、話す内容ではなく、発音や文法ばかり、重要視してきました。 つまり、枠組みばかり、重要視して、肝心の話す内容をおそろかにしてきたのです。

 

「相手に伝えたいこと」 「何かしてほしいこと」があるから、会話を行うのです。英語は単なる話す手段であって、会話そのものを構成するものではありません。

 

「あなたが何を話したいのか」が初めに必要なのです。「英語を話したい」が先ではなく、あくまで内容が一番なのです。

 

あなたは、外国の方とどのような内容の話ができますか?そこは 英語も日本語も同じです。英語は あくまで伝達手段なのです。そこをよく認識していないと英会話は上達しません。

 

 

トライズ英会話の秘訣②!インプットの知識をアウトプットする事が重要!

英会話上達法!アウトプット!

 

 

日本の学校での英語教育では、なぜ英会話が上達しないのでしょうか? それは、中身ではなく、外側の形式の勉強ばかりを行っているからなのです。

 

日本の英語学習は、ほとんどがインプットの強化から始めます。例えば、日本の大学受験ではインプット力が重要視されています。TOEICでも、日本の受験生はインプット力を図る問題ばかり力を入れていると言われます。

 

日本人が英会話が上達しない根本原因にあるのが、インプットが中心の学校での授業です。 日本の学校の英語授業は、ただ英文を読んで訳すだけが非常に多いのです。

 

つまり、インプットの知識を詰め込むだけの授業ばかり行い、アウトプットのコニュミケーションの訓練をほどんどしていないのです。

 

ひたすら、英単語や文法を詰め込んでも、それをアウトプットしなければ、英会話は上達しません。 知識を広げる事は重要ですが、インプットだけで終わっては英会話は上達しないのです。

 

 

トライズ英会話の秘訣③!アウトプットで相乗効果が起こる!

英会話上達法!相乗効果!

 

なぜ、英会話でアウトプットは重要なのでしょうか?

 

英会話で、アウトプットする為には、インプットした知識を消化して、自分の言葉にかえる必要があります。 その過程で、英会話に必要な能力が向上するから アウトプットは非常に重要なのです。

 

アウトプットの勉強には「3つのメリット」があります。

 

①論理的な考える力が深まる

第一のメリットは、インプットされた知識を言葉に変換する過程で自分の考える力が深まるということです。

 

知識を言葉にする為には、頭の中で論理的に組み立てなければなりません。 知識を言葉にしていく過程で誤解や間違いに気づきくことがあります。 そこで再び知識を補いつつ論理的な考える力も養えるのです。

 

②ディスカッションができる

第二のメリットは、自分の意見や考えを表現し、ディスカッションできることです。 他の人を議論を行う事で、それまで考えてもいなかった意見が出てくることもあります。そうした新しい感覚と交わる事で、自分自身の考えが深まるのです。

 

③インプットとアウトプットの相乗効果が起きる

第三のメリットは、インプットを強化する場合でも、アウトプットを意識して勉強すると非常に効率が高まることです。実は これはとても重要なことなのです。

 

通常、私達は、「メールを読んで、返事を書く」、「他人から意見を聞いて、自分の意見を話す」などの行為を日常的におこなっています。

 

これらは、「全てインプットから始まり アウトプットで終わるなの行為」です。つまり、最終的なアウトプットを意識して勉強するとインプットの勉強の効率は格段に上がるのです。

 

英文を勉強している時に、「このフレーズ良いな。今度のディスカッションで使ってみよう」と意識したり、メールを読んでいる時に「このケースでは、このような言い回しができるのだな」などとアウトプットに繋がるように心がけると、勉強の効率は上がり 大きな相乗効果が起こるのです。

 

アウトプットを意識して インプットの勉強を行うと、勉強の効率が上がり「英語学習で上手く話せた」「上手く意思疎通できた」などの喜びの瞬間が増えます。当然、勉強のモチベーションも上がります ので、アウトプットの勉強は少しでも早く始めた方が良いのです。

 

 

トライズ英会話の秘訣④!インプットとアウトプットの繰り返しが上達の秘訣!

 

英会話上達法!繰り返しが秘訣!

 

 

インプットは重要なのです。しかし、アウトプットを行うからこそインプットが生きてくるのです。インプットだけの勉強ではダメなのです。

 

インプットした知識で「こういうことを話したい」と思うからこそ、インプットの勉強にも身が入ります。また、アウトプットして、「前よりも良い表現ができた」などのフィードバックがあるほど勉強への意欲が高まります。

 

インプットした知識をアウトプットする事で、あなたの知識は何倍も広まり、深みが出てきます。 インプットとアウトプットをバランス良く勉強する事が英会話上達の必須条件なのです。

 

日本の学校教育は、詰め込み教育でインプットには力を入れていますが、そこで終わってしまって、アウトプットの勉強が充実していないのです。

 

つまり、英単語や英文法を覚えるインプットの勉強で終わり、表現力や思考力を鍛えるアウトプットの勉強を行っていない為、日本人は英会話が上達しないのです。

 

インプットとアウトプットを繰り返し勉強することが、英会話上達の近道なのです。

 

トライズ英会話!アウトプットの強化はできていますか?

英会話上達法!強化はできていますか?

 

あなたは 英会話の勉強で、アウトプットの強化はできていますか?

 

もし、あなたが 日本の学校教育のように インプットの知識を詰め込むだけの勉強ばかり行い、アウトプットのコニュミケーションの勉強をほどんどしていない場合、 いつまでも英話が上達できないでしょう。

 

しかし、そこで 英会話の習得をあきらめないで下さい!

 

なぜなら 英会話は 良質のスクールに出会い、きちんと勉強すれば 必ず習得できるからです!

 

「アウトプットとインプットの繰り返し」という学習サイクルを徹底している最良質の英会話スクールをご紹介します!

 

効率的な正しい勉強法で、確実に英会話をマスターできるスクール!それがトライズの英会話スクールなのです!

 

 

トライズの無料カウンセリングを一度体験してみて下さい!

トライズは最良質の英会話スクールです。1年間勉強を継続した時、あなたは、安全確実に、目的に合った英会話が習得できます!

 

トライズの無料カウンセリングで、あなたの英語学習に関する悩みや目標などを気軽に相談してみて下さい。

 

カウンセリングは完全無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら ⇩

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

Pocket