Pocket

英語文法

 

英語をマスターするには、英文法はとても重要です。しかし、実は日本人は英語文法が苦手な方がとても多いのです。

 

では、英文法が苦手な方でも、英文法をマスターできる方法はあるのでしょうか?

 

大丈夫です。苦手な方でも効率的に英文法をマスターできる方法があります。今回は、音読と暗唱で英文法を効率的にマスターできる秘訣について追究していきます。

 

母国語は文法が自然に身についている

language

 

英語をマスターする為には、英文法の学習は必須です。なぜなら、英文法を全く勉強せずに英語学習を進めることは、非常に効率が悪いからです。

 

例えば、「母国語の日本語は文法を勉強してなくても、話しているぞ」と反論する人もいます。しかし、その反論の言葉自体が文法にそった文章なのです。

 

通常、私達は、文法を意識的に学ばなくても、日本語の文法を自在に操れているのです。これは、英語も同じです。母国語の英語は、文法そのものが自然に身についているのです。

 

つまり、母国語ならば、文法用語や文法的な解析方法を知らなくても、自然と文法そのものが身についているのです。

 

 

英語文法は、初めに「基本ルール」を習得する

rules

 

英語文法は、実践的な 読む、聴く、書く、話す等の全ての習得の役に立ちます。

 

しかし、学校教育で教えられる英語文法は、普段使用しないような細かい規則まで押し付けられるように教えられます。

 

英語の文学者になるのであれば細かい規則も必要でしょう。しかし、通常 ネイティブスピーカーも使わない例外的な文法の規則の習得にまで時間をかけるのは非常に非効率です。

 

例えば、ネイティブスピーカーでも使用しないような、例外的な英文法の細かい規則まで熟知しても、中学レベルの基本的な英文が瞬時に口から出なければ、その知識は使い物になりません。

 

初めは、実践的な英語を使用する為に、欠くことのできない限られた数量の英文法の「基本的ルール」を身につけるべきです。

 

そして、それらの基本ルールを自由自在にいつでも使用できるようになるまで 繰り返し学習すべきなのです。

 

実践的な英語を習得する為に、初めは、英文法の「基本ルール」を使いこなせるように反復練習しましょう。その後に、必要に応じて、例外的な文法や細かい規則を覚えていけば良いのです。

 

 

英語文法を音読と暗唱で覚える

音読、暗唱

 

英語文法の専門書は非常に細かい知識が広範囲に網羅されています。その為、これを全て覚えるのは至難の業なのです。

 

つまり、英語文法を分厚い専門書で覚えていくのは、とても効率が悪いのです。英語文法の専門書は、あくまでも参考書として使用するが良い方法なのです。

 

では、英語文法は、どのように覚えるのが効率的なのでしょうか?

 

結論から言うと、英語文法を覚える効率的的な方法は、「音読」と「暗唱」の反復練習です。

 

第一段階

第一段階では、高校の入試レベルの文法の短文を暗唱します。まずは、テキストを見ながら、短文を数回音読します。次に、テキストから目を離して繰り返し暗唱のトレーニングを行います。

英語の短文暗唱で、中学英語の文型が身についてから、このレベルに取り組むと大変効果的です。参照記事「英語の短文暗唱の効果は絶大です!」

 

第二段階

 

第二段階では、大学受験用の文法問題集を2~3冊使用します。中学の英語の文法がほぼ習得できてから、この大学受験用のレベルの問題集で学習します。このレベルでは、こまかい点などを確認し、英語文法の仕上げとして学習していきます。

 

第三段階

 

第三段階では、TOEIC、TOEFL用の文法問題集を使用します。TOEIC、TOEFL用の文法問題集は、難しくて到底できないと思う人がほとんどでしょう。

 

しかし、実際は大学受験レベルの文法を本当に習得できていれば、心配はいらないのです。大学受験レベルの実力である反応的に文法問題に対応できるようになれば、大丈夫です。

 

難解な数学の問題ではないので、本来、英語の文法問題は解くのではなく、反応すべきものなのです。

 

例えば、「保育園子供たちがたくさんいます。」の文章は、すぐにおかしな文章だと気づき「保育園には子供たちがたくさんいます。」と間違えたのだとすぐに反応すると思います。

 

このように、本当に大学受験レベルの実力を習得できていれば、TOEIC、TOEFL用の文法問題集でも反応できるのです。

 

 

音読と暗唱で英語文法をマスターする秘訣!

英会話上達の秘訣!

 

①解答を見て理解する

 

英文法問題集を解く時に わからない時は、時間をかけず、すぐに解答を見て理解して行きます。

 

数学の問題ならば、時間をかけて難題を解くことが重要ですが、英語は暗記科目です。わからない時は、解答を見て、それを理解・納得することが重要なのです。

 

②数回、センテンスを繰り返す

 

解答を見て、理解・納得したら、問題のセンテンスを数回音読し、最後に数回暗唱します。

 

暗唱する時は、よく内容を理解しから、感情を込めて発音すると特に効果があります。声を出して頭の中に刷り込む学習を繰り返して下さい。

 

短文暗唱は、英文の瞬間的な立ち上げ能力の向上を目的として行います。その為、英語文法を覚える為に行う短文暗唱は、同じ文型を連続して行います。

 

 

③良質のテキスト本を5~6回繰り返す

 

英文法の問題集を一回終わったら、それでその問題集を行わない人がほとんどです。しかし、それでは、何十冊の問題集を勉強しても英文法は身につきません。

 

英文法の問題集は、最低でも、5~6回は繰り返し学習しないと身につきません。上記①と②を同じ英文法の問題集で、5~6回は行って下さい。すると驚くほど実力がついていきます。

 

同じ英文法の問題集を繰り返し勉強するので、1回目よりも、2回目の方がはるかに勉強が進みます。そして、3回目、4回目と回数を重ねるほど学習に費やす時間は短くなります。

 

5~6回目が終わる頃には、一瞬で正確に答えが言えるようになっているでしょう。そうなれば、この問題集は終わりです。次の問題集に移ります。

 

次の英文法の2冊目問題集の時は、1冊目よりもスピードも問題の正解率も段違いに上がっています。その理由は、英文法の問題集は、どれも基本は同じだからです。あなたが真剣に学習すれば、おそらく3冊目は必要ないでしょう。

 

 

あなたに合った効果的なメソッドをみつける!

 

今回は、英語文法の音読と暗唱のマスター方法について追究してみました。

英語学習にはたくさんの方法がありますが、その中から、あなたに合った一番効果的なメソッドに出会うことが、英語上達の秘訣です。

次の記事では、効果的なメソッドについて掲載しています。よろしければご閲覧くださいませ。

≫参考記事  社会人が英会話を身につける方法!一番効果的なメソッドをみつける!

 

 

Pocket