Pocket

映画

 

英語を習得するには、映画などの動画で学習すると大変効果的だと言われています。

それは、何故なのでしょうか?

今回は、「英話の動画(映画)学習が効果的な理由」について追究していきます。

 

映画(動画)での英語学習ならば、意識を集中できる

意識の集中

 

日本人が、中学、高校で どのような英語の勉強をしたかと言うと、基本文法の学習が中心です。

 

特定の項目の基本文法を覚えて、それを応用する例文を紹介されて学習するのが、一般的な学習方法です。

 

いわゆる、1+1=2のような数式を覚えて、次に変数であるxを入れたり、yを入れたりしていく学習方法です。ここでは、英単語が変数で、数式が英文法にあたります。

 

英語の授業では、この英文は「このような状況なのではないか?」と想像しながら訳します。

あなたが知っている英単語と英文法の知識をフル活動させて、読解して行くやり方です。

 

このように、中学、高校での英語学習は、目の前にある英文をパズルのように解いていく文法の読解が中心なのです。

 

しかし、この日本式の文法中心の学習方法は、必ずしも効率的とは限りません。

なぜなら、この日本式の英語学習では、文法読解にどうしても長時間かかるからです。

 

動画を利用した英語学習とは?

野球

 

日本式の文法中心の学習方法とは 逆の学習方法があります。

それは、目の前にある「状況」に対応する英単語と英文法を結び付けていく学習方法です。

具体的に言うと 動画(映画)を使用した英語学習です。

 

映画などの動画を使用した英語学習についてご説明します。

動画を使用すれば、まずその状況が学習者に与えられます。

例えば、主人公Aさんが野球をする映画だとします。

 

Aさんが野球をしている映画を見ている時、セリフのセンテンスがよく聞き取れなかった場合でも、映像でAさんは野球をしているのだなとわかります。

 

映像と音声でAさんが野球をしていることを理解できるので、Aさんが主語、is playing が現在進行形、目的語がbaseballだな等を考える必要がないのです。

 

つまり、目の前にある英文をパズルのように解いていく 文法の読解作業が必要ないのです。映画ならば、目と耳で、英文に意識を集中できるのです。

 

映画(動画)で得た英語知識は深く定着する

英単語を短時間で覚える方法!

 

実は、動画で目に映る状況を確認しながら 英語を覚える学習方法は、小さな子供が言葉を覚えるやり方と同じなのです。

 

小さな子供は、言葉を文法で学ぶのではなく、見に映る状況と聞こえてきた声から学んでいます。

つまり、映画(動画)を活用した学習方法は、小さな子供が言葉を覚える方法と同じような仕組みなのです。

 

映画(動画)学習の効果

 

英語を覚える場合、映画(動画)は大変効果的なのです。

 

映画(動画)を見ながら、覚えた英単語や英文法は、中学や高校での文字を見ながら覚える英語学習よりも、脳に残る定着率が高いのです。

 

なぜなら、動画と一緒に英単語や英文法を覚えると、実際にどのようなシチュエーションで使用されるかという イメージごと脳にインプットされるからです。

 

その為、動画で、状況として記憶された英単語や英文法は、脳に深く刻み込まれるのです。

 

このように英語学習は、文字だけを見て覚えるよりも、映画などの動画の映像で英単語や英文法の知識を身につける方が、大変効率的なのです。

 

英会話を本気で身につけたい方へ

 

もし、あなたが本気で英語会話を身につけたい場合は、トライズ英会話スクールがお薦めです。

 

トライズでは、映画を活用した勉強法を行っています。セリフをシャドーイングできるまで聞きこむなど大変効果的な学習方法を徹底しています。

 

英会話を本当に習得したいのならば、効果的な学習方法に特化した英会話スクールに入り、会話力を磨くのが一番良い方法です。

 

カウンセリングは完全無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら ⇩

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

Pocket