Pocket

英語音読は効果がない?

 

英語を上達するために、音読のトレーニングは大変効果的です。

 

しかし、英語の音読のトレーニングをしたのに、効果が出ない と感じている方も多いようです。

なぜ、効果が出なかったのでしょうか?

 

今回は、原因を追究するべく「英語の音読の効果」について追究していきます。

 

英語音読は 英語上達に効果がある!

 

英語を上達するための秘訣とは、「意味や構文が理解できる文章を繰り返し発音すること」です。つまり、英語の音読のトレーニングは これを効果的に行うことができる方法なのです。

 

音読のトレーニングは、英語力を向上させる上で極めて重要な効果があります。

 

例えば、英文を理解しながら 繰り返し発音していく学習は、英語を正しい語順で一瞬で受け入れる能力を育成します。かつ スピーキング力とリスニング力も同時に高めてくれる大変効果的な学習方法なのです。

 

 

英語音読「シャドーイング」は効果があるか?

 

シャドーイング

 

 

色々ある英語音読のトレーニング法の中でも、有名なものに「シャドーイング」があります。シャドーイングは英語上達のために効果があるのでしょうか?

 

シャドーイングとは英語の後を聴きながら、少し遅れて同じ英文を発音して繰り返すトレーニングです。オリジナルの英語に影(shadow)のようについていく為、この名前がつけられています。

 

具体的な訓練方法は、流れてくる英語の音声を聴いて、一瞬遅れて発音しながらついていきます。

 

シャドーイングは、発音やイントネーションの訓練するとともに、英語に対する反射神経も向上させてくれます。非常に集中力が必要な訓練ですが、大変な効果がある方法なのです。

 

 

シャドーイングを行う時の注意点と問題点!

 

重要

 

シャドーイングを行う時は、単語・フレーズの抜け落ちや、イントネーションの崩れには気をつけてください。

 

また、シャドーイングをテキスト無しで行うのは、初心者には難しいです。初めは、テキストを見ながらのシャドーイングを行うと良いでしょう。

 

また、シャドーイングを行う際は、自分の声でモデルの声がかき消されないようにヘッドホンを使用しましょう。

 

 

大変効果のあるシャドーイングですが、次のような問題点もあります。

①モデルの音声についていくことに集中して、英単語の間違えや抜け落ちが発生する。

②急ぎすぎて、イントネーションがおかしくなる。

③急ぎすぎて、文章の区切りがおかしくなる。

④繰り返し練習することで、文章を覚えてしまい、モデルの音声より先に発音してしまう。

 

 

特に④は長く練習するほど発生します。しかし、音声を聞いてから発音することが、シャドーイングの原則ですので、この点は注意しましょう。

 

シャドーイングの問題解決策

 

これらの問題点の解決策は、自分のシャドーイングの発音を録音して聞いてみると、すぐに間違えを発見できます。自分の発音の録音を忘れずに行ってみましょう。

 

 

英語音読で効果がないのは、反復訓練が少ない!

 

英会話上達法!繰り返しが秘訣!

 

 

英語上達において大きな効果がある「英語音読をしても効果がない」人がいるのは、何故なのでしょうか?

 

結論から言うと、効果が出ない原因は、勉強の反復訓練数が足りていないのです。

 

英語を習得するには、反復訓練は必ず必要です。知識を頭にとどめておくのではなく、実践的に使えるようになる為には、1度 理解しただけでなく、何回も繰り返し反復訓練をすることが重要なのです。

 

例えば、高校や大学での英語の成績が良いのに、実践では全く英語を使いこなせない人は、この繰り返しの訓練が足りてないからなのです。

 

英語を実践的に使えるようにするには、この繰り返しの訓練が必要不可欠なのです。特に、一定の長さを持つ英文を自分自身に深く取り込むには、適正回数の反復訓練が必須事項なのです。

 

英語音読は、適正回数行えば効果がでる!

重要です!

 

音読の訓練は、反復のトレーニング回数が一番多くなります。正直、大変な為、音読の訓練自体を敬遠したり、やるにしても雑に行ったり、少ない回数で終わらせる人が多いのです。

 

繰り返しの回数を、5回程度の回数と思う人も多いのですが、本当に英語を習得したいのならば、桁が違います。10回~20回でも効果は薄いでしょう。最小回数でも30回以上の反復訓練が必要と言われています。

 

30回が多いと思う人もいると思いますが、これは上達する為の最小回数です。さらに、この30回はあくまで1サイクルの回数です。サイクルの回数は5回程度が適当と言われています。

 

しかしサイクル回数は個人の能力により変わってきます。自分自身が仕上がったと思ったときに、サイクル回しを切り上げるのが良いでしょう。

 

回数が多いと感じるかもしれまでんが、実際訓練を始めてしまうと慣れてきます。そして、実際に反復訓練を継続していると、本当に英語を身につける為には しかるべき回数の反復を行う必要があるのがわかってきます。

 

音読の訓練は一定数の反復を行うと、だんだんと英文が自分の中に深く取り入れられる感覚が得られます。適正回数を継続して訓練すると、英文が自分自身に深く取り込まれて行くのがわかるのです。

 

英語音読の学習に効果的なスクールとは?

 

英語音読やシャドーイングを適正に勉強するのは、なかなか難しいものです。しかし、音読やシャドーイングの勉強方法を適正かつ効率的に教えてくれる良質な英会話スクールはあります。

 

忙しい社会人でも、適正な英語音読やシャドーイングの学習ができ、確実に英会話を習得できるのが「コーチング系英会話スクール」です。

 

コーチング系英会話スクールの中では、トライズ(TORAIZ)が お薦めです。カウンセリングは完全無料なので、一度 気軽に英語学習の悩みなどを気軽に相談すると良いでしょう。

 

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

 

Pocket