Pocket

英単語の効率的な覚え方

 

英単語を習得するには、英単語を覚えただけでは ダメなのです。

覚えた英単語を 自然に使えるようにならなければ 意味がありません。

今回は、自然に使える 英単語の効率的な覚え方 について追究して行きます。

 

効率的な覚え方① 英単語は沢山の意味を持ち合わせている

たくさんの意味

 

英語の語彙数は、世界中の言語の中でも最も多いと言われています。英単語の数は約百万語あり、現在も新しい語彙がたくさん生まれ続けています。

 

しかし、日常会話で必要とされている英語の語彙数は わずか 2,000語程度と言われています。

 

例えば、日本語では わずか2,000語の語彙数を覚えても、日常会話の理解は難しいでしょう。日本語は、英語と比較した場合、たくさんの語彙を覚えなくては会話ができないのです。

 

では、英語は、日常会話で必要とされている語彙数は わずか2,000語程度なのに、なぜ多くの日本人が英語を話せないのでしょうか?

 

それは、日本人の英単語に対する 思い込みが原因の一つなのです。

 

日本人は、英単語を 日本語のように「一つの単語は 一つの意味しか持たない」と思い込んでいる面があるのです。

 

英語は、日常会話で必要とされている語彙数はたったの2,000語ですが、「 一つの英単語がたくさんの意味を持ち合わせている」のです。

 

しかし、多くの日本人は、思い込みから 一つの英単語を一つの意味でなんとかやり過ごそうと必至になる人が多いのです。そうすると当然、つじつまが合わなくなってしまいます。

 

効率的な覚え方② 英単語を文脈に適した意味で理解する

論理的思考

 

英単語は覚えたら、次に実際に使える段階までレベルアップすることが重要なのです。では、実際に英単語を使えるとは、どのようなことなのでしょうか?

 

結論から言うと、実際に使えるとは、「英単語を文脈に適した意味で理解して使用できる」ということです。

 

英文を読んだり、英会話を聞いたりしている時に、知っているはずの英単語の意味がわからない時があると思います。それは 何故なのでしょうか?

 

その原因は、英語は文脈により英単語の意味が変わるからなのです。

例えば、meanを言う単語を例にすると、次のように文脈により意味が変わるのがわかります。

 

What does this word mean

この言葉の意味は何ですか?

meanは、 会話中で意味がわからなった時には、よくこのように使用されます。

 

しかし、これとは全く別の意味もあります。

meanは、意地悪な、というネガティブな意味も持つのです。

a mean person では、意地悪な人、ケチな人、とげのある人 という意味でも使用されるのです。

 

最初のmeanは、動詞として使用しています。2つ目のmeanは形容詞として使用しています。このように品詞にあった使い方で単語の意味は 全く違って来るのです。

 

例えば、他にも、fineという英単語も色々な表現があります。

I’m fine thank you ( おかけさまで元気です ) はよく使用する表現ですが、それ以外の特徴的な表現で「罰金」という意味もfine は持っています。

 

効率的な覚え方③ 文脈の中で意味を推測し自然に使う

 

覚えた英単語は、文脈の中で意味を推測しながら、自然に使えるようにすることが重要です。

 

例えば、party という英単語は、文脈により使い方がかなり異なります。名詞として使用する場合もあれば、動詞として使用する場合のあるのです。

 

今晩パーティーをやろう

Let’s have party tonight

 

次の選挙でどの政党に投票しますか?

Which party will you vote for at the next election?

 

私達の団体にはメンバーが10人がいます

There will be ten in our party

 

昨晩は遅くまで盛り上がりました

we partied until late last night

このように、文脈にそった英単語の使い方ができるようになることが重要なのです。

 

効率的な覚え方④ 文脈とセットで単語を覚える

学習

 

文脈に応じて変化する英単語に対応する為には、その文脈に合った意味合いで英単語を理解できるようにしなければなりません。

 

では、どうすれば文脈に合った英単語を理解できるようになるのでしょうか?

 

その方法は、適切な英単語の使い方と自然な言葉の組み合わせである「コロケーション」を意識して英単語を身につけていけば良いのです。

コロケーションとは?

Collocation (コロケーション)とは、通常一緒に使われる単語と単語のつながりのことで、

日本語では、よく 「 連語関係 」「 語の配列 」のように訳されています。

 

例えば、英語で「~をする」言うと、do をよく使います。

私は洗濯をしなければならない

I have to do the laundry

 

しかし、例えば 約束をするの場合は、do をよく使いません。その場合は make を使います。

 

彼と約束をしたことはありますか?

Did you sure make a promise with he ?

他にも、

努力をする make an effort

予約をする make a reservation

 

「~する」でも、それぞれ使われる場面で全く違ってきます。

 

単語が使えるようになるには、コロケーションを意識することが大事なのです。つまり、英単語を実践的に使えるようになるには、「文脈とセットで英単語を覚える」ことが重要なのです。

 

そして、自然と使えるようになるまで、「頭の中でイメージを描きながら行う」と効果的に英単語を習得できるのです。

 

英語を実践的に使えるようになるには 「コーチング系英会話スクール」がお薦め!

お薦めの英会話コーチングスクール

 

英単語を覚えたら、次の段階として 実践的に使えるレベルまでもっていくことが重要です。

 

英語を実践的に使えるレベルまで引き上げるには、コーチング系英会話スクールがお薦めです。

 

そして、現在、コーチング系英会話スクールの中では、トライズ(TORAIZ)英会話スクールが大変評判が良いのです。

 

トライズ(TORAIZ)は、英語を習得する為に特化した大変効率的な学習プログラムを提供してくれます。忙しい社会人など時間がない方には、特に トライズ(TORAIZ)英会話スクールをお薦めします。

 

トライズ(TORAIZ)英会話スクールのカウンセリングは完全無料です。

一度あなたの英語学習の悩みなどを気軽に相談してみて下さい⇩。

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

Pocket