Pocket

日本の英語教育の問題点「優秀な人材!」

 

日本人は、中学から高校まで 6年間も英語を勉強しているのに、英語力は世界で最下位のレベルです。

 

なぜ 日本人は英語が話せないのでしょうか? 今回も「日本の英語教育の問題点」について追究して行きます。

 

前編の 【なぜ 日本人は英会話ができないのか?その原因を追究してみた!】に続き、今回は完結編です。

 

日本人が英会話ができない原因①「英文和訳ばかりでは、話せない!」

日本の英語教育の問題点「英文和訳ばかり!」

 

日本の英語教育では、中学から高校まで 6年間も英文法や単語ばかり勉強します。しかし、英語は難しい文法を理解していなくても、会話ができるのです。

 

英語は、基本さえ知っていれば、話しているうちにだんだんと英語の知識が身につき、難しい文法もわかるようになります。

 

小さな子供が両親の海外への転勤で 1年間くらい行くと、短期間で英語をスラスラと話せるようになるのはその為です。

 

もし、あなたが海外に留学に行けばわかります。実際、外国人は文法知識がなくても、日本人よりもはるかに短期間で英語が上手になっていきます。

 

日本の学校教育のように難しい英文法を6年間も勉強するよりも、基本を覚えたら、英語を話す「アウトプット」を開始する方が英会話習得の近道なのです。

 

英会話は、簡単な会話から始めて、だんだんと英語力を上げていけば良いのです。

 

日本人は、6年間かけて 難しい文法を覚えても、初歩の簡単な会話もできないのが実情なのです。英語の基本は約1年もあれば習得できます。あとは英語を話し、実践訓練を積んで行けば良いのです。

 

日本人が英会話ができない原因② 「受験用英語では、話せない!」

 

日本の英語教育は、何故6年間も英語を日本語に訳す勉強ばかり行うのでしょうか?

 

日常会話では使用しないような複雑な文法をひたすら訳す勉強をしますが、結果的に英会話はほどんど上達していません。そして、世界でも最低レベルの英語力しか養われていません。

 

英語は相手とコミュニケーションをとる手段です。英文をうまく日本語に訳せても、会話で自分の意見を相手に伝えることができなければ 使えません。

 

もし、あなたが外資系企業に入社した場合、外国人とコミュニケーションがとれなければ仕事になりません。

 

日本の英語教育は、受験勉強の為の英語になっています。残念ながら 外国人とコニュミケーションをとれる使える英語にはなっていないのです。

 

日本人が英会話ができない原因③ 「アウトプットの学習は不可欠!」

 

使える英会話を習得したいのであれば、音声学習とアウトプット学習は不可欠です。そして、聴く、話す、読む、書くを適切に組み合わせて効率的な勉強をしなければなりません。

 

しかし、未だに日本の英語教育は、英文和訳の練習が授業の中心なのです。

 

英語を日本語中心に置き換えて勉強しても、なかなか英会話は上達しません。英会話を上達させる為には、英語を英語のまま理解して、アウトプットを繰り返し、迅速に反応できる能力を上げる必要があります。

 

当たり前ですが、日本人が一番苦手な発音も、アウトプットを繰り返さなければ上達しません。いくら英語の知識をたくさん持っていても、アウトプットができなければ話になりません。

 

例えば、日本人は、「R」「L」の2つの発音は、絶望的なほど同じ音に聞こえます。しかし、外国人にとっては、「R」「L」の2つの発音は、全く別の音なのです。だから、本当は、発音の練習は初めに取り組むべき勉強なのです。

 

発音の練習は、算数で言うところの「九九」や国語で言うところの「ひらがなの発音」と同じ位大事なのです。なのに、何故か日本の英語教育では、発音をほどんど教えません。日本の学校教育は本当に非効率と言えるでしょう。

 

日本人が英会話ができない原因④ 「英語を教える優秀な人材がいない!」

英語を教える優秀な人材

 

日本の中学から高校の英語教師の約80%が、TOEICスコア780点に満たないと言われています。

冗談のような話ですが。。。

京都府の中学校の英語教師74人を対象に、TOEICを受験させた結果、なんと500点以下が14人もいたそうです。

ここまで来ると漫画のような話ですが 本当の話です。

TOEIC500点は どの位のレベルかと言うと下記の通りです。

TOEIC500点は、日本のTOEIC受験者の平均的なスコアと言えます。例えば2016年7月の受験者平均は586.9点で、それ以前も500点台真ん中から後半で推移しています。

つまりTOEIC500点くらいだと、特に英語を使う仕事をしていない社会人の中では「普通」という事になります。

TOEIC500点とは、英語を仕事に使用しない普通の社会人レベルです。つまり、TOEIC500点以下の英語の教師は、英語を普段使用しない社会人以下なのです。これらの教師は、初歩的な文法や語彙力はあるのでしょうか?心配になりますね。

 

これから日本は、小学校で英語教育が始まりますが、英語を教える人材がいない現状では、今までと同じ失敗に陥る可能性があります。

 

英語を教えるには、語学力は当然として、教える熱意と話す為のコミュニケーション能力が必要です。

 

結論を言います。

日本の学校ので英語教師は、「受験の為の英語」は教えることが出来ます。しかし、多くの教師が「話す為の英語」を教えることが出来ないのです。

 

「話す為の英語」を教える人材を育てない限り、日本人の英語力は、永遠に世界で最低レベルのままかもしれませんね。

 

「トライズ英会話スクールの無料カウンセリング」を一度体験してみて下さい!

 

日本の英語教育は約6年間もかけて教えるのに、最後まで英会話ができません。英会話ができない原因は、教えられるのが「受験の為の英語」であり、「英文和訳」が主流の勉強だからです。

 

人生において時間は大変貴重です。時間をかけて勉強しても 英会話が習得できないのでは、たいへん勿体ない話です。

 

英会話を確実に習得したい方は、初めから 優秀な講師と充実した学習プログラムがある民間の英会話スクールに通うことをお薦めします。

 

英会話を確実に習得したいあなたにご紹介したいスクールがあります。それが、トライズの英会話スクールです。

 

トライズの英会話スクールならば、あなたの目的や実力にそって最優良の学習プランを提供してくれます。 1年間継続すれば、自分の意見を言える英会話をマスターできます。

 

トライズの無料カウンセリングで、あなたの英語学習に関する悩みや目標などを気軽に相談してみて下さい。

 

カウンセリングは完全無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら ⇩

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

Pocket