Pocket

学習学習に変化をつける

変化

 

英語の勉強は、勉強する場所を変えたり、気分を変化させると 意外なほど心身の負担が軽くなり、勉強効率が上がります。

 

例えば、毎日ランニングをする場合、同じ運動場のコースを周回するのと、外の景色が変わるコースを走るのでは、疲労感が全く違ってきます。

 

単調な同じコースを周回すると、まるでハムスターのような気分になってしましますが、たまに外のコースを走ると、移り変わる風景の中で気分爽快に走れるので、楽しくなり疲労感も少なくなります。

 

英語学習も同じです。英語学習は、どうしても単調なトレーニングになりがちですが、色々な方法で変化をつけれます。今回は、その方法を見ていきましょう。

 

最善の学習方法は人それぞれ

公園

 

自室での英語学習

自室で大きな声で音読のトレーニングを行う時は、座って学習するのが普通と思います。

しかし、例えば眠気がする時などは立ち上がり、部屋の中を歩きながら音読の練習しても良いのです。

 

英語の学習は机の前でお行儀よく行わなければならないという規則はありません。

人により最善の学習方法は違うのです。部屋で行うトレーニングなら人の目はありませんので、自分自身がリラックスできる方法で勉強を行えば良いのです。

 

外での英語学習

学習面でスランプに陥りそうな時は、外に英語教材を持って出て学習するのもお薦めです。

例えば、私は、たまに車で近くの公園や海などに行き短文暗唱を行います。

 

山や海等を眺めながら、綺麗な空気の中で学習すると、部屋の中での学習とは違い解放感があり 学習がとてもはかどります。

 

学習にあきると、公園や砂浜を少し散歩して気分転換をして、再度車に戻り学習を開始します。

車でなくても、自転車で近所の公園に行き、ベンチに座り木々の中で学習をすると 想像以上に学習ははかどります。

 

通勤、通学での英語学習

通勤、通学

 

最近は、電車やバスの中ではスマホ等の携帯に没頭している人がほどんでです。

しかし、英語を上達したい場合は、この通勤、通学の電車やバスの中での英語学習を忘れてはいけません。

 

自分の部屋での勉強の場合、色々な誘惑があり、なかなか勉強に集中できないものです。

しかし、電車やバスの中は、他に行いたい事があっても、そこから身動きできないので、英語学習を行った場合、集中しやすく学習もはかどるのです。

 

私自身も、通勤電車の時間を利用して単語や短文暗唱の学習を行い大きな成果が出ました。

今でも、通勤電車の中で、英文雑誌等の多読を行っています。

私は、通勤中の学習で英語力が大きく伸びたと言っても過言ではないでしょう。

 

通勤、通学の時間をスマホ等を見て過ごすだけでは、本当にもったいない話です。

社会人でも、車内での時間を有効に活用すれば、学習時間の不足を補えます。

通勤、通学の時間を有効に使うか否かで英語学習の成果は大きく違ってくるでしょう。

 

英会話を本気で身につけたい方へ

 

もし、あなたが本気で英語会話を身につけたい場合は、トライズ英会話スクールがお薦めです。

トライズならば、英語学習を挫折しないように、専属コンサルタントがマンツーマンでフォローしてくれるので安心して学習を継続できます。

 

英会話を本当に習得したいのならば、効果的な学習方法に特化した英会話スクールに入り、会話力を磨くのが一番良い方法です。

 

カウンセリングは完全無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら ⇩

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

Pocket