Pocket

 

日本人は、中学から高校まで6年間も英語を勉強しても 英会話を習得できていません。大学の授業まで入れるならば、約10年近く勉強しても、英語が話せないのです。

 

時間のある学生でも英会話を習得できないのです。仕事が忙しい「社会人」では、英会話を身につける事は不可能のように思えます。

 

しかし、忙しい社会人でも、働きながら ビジネス英会話を習得している人達はいます。彼らはどのような手段で英会話を身につけたのでしょうか?

 

このブログでは、「忙しい社会人が英会話を身につける方法」について追究して行きます。

 

 

日本人が英会話を身につけることは不可能なのか?

英会話習得は不可能なのか?

日本の書店には、英語教材の本があふれています。そして、新聞や雑誌には英語教材の広告がたくさん掲載され、テレビでは英会話スクールのCMが流れています。

 

これだけ、英語教材や勉強法があふれているのに、日本人の英語力は 長年 世界でも最下位のレベルが続いています。英会話学校で学ぶ生徒は増えても、英語を流暢に話す人が急増したという様子はありません。

 

海外に語学留学する人も増えましたが、長期間の留学後でも英語が堪能になって帰国する人はあまり多くありません。日本で英語を勉強してもダメ、海外に留学してもダメと惨憺たる状況が長年続いています。

 

何故 このように長年英会話を勉強しても習得できない日本人が多いのでしょうか?日本人が英語を身につけることは不可能なのでしょうか?

 

 

日本の学校教育では、実用的な英会話の習得は不可能!

英会話の習得は不可能!

 

日本人は、中学から高校の6年間で英語を勉強しているのに、ほとんどの人が英会話ができません。それは何故なのでしょうか?

 

その原因は、多くの日本人が中学から高校の6年間も英語を学習してきたのではなく、「6年間もぼんやりと授業を受けてきた」からなのです。

 

中学、高校の英語学習は、受験の為の英語です。学校の英語学習は、わからせることが目的で、「わかったことを身につける」ようには機能していないのです。

 

学校の英語学習では、受験対策の勉強の為、実際に英会話が使用できるような方法で授業が行われていません。つまり、英語を実用的に使用する為の学習計画がないです。

 

例えば、クラスの中の生徒の英語力のレベルがバラバラでは、有効な授業を行うことは難しいのです。本当に有効な英語授業を行うならば、各人の英語力のレベル別にクラスを編成する必要があります。

 

そして、1クラスあたりの生徒数も少人数に抑えなければなりません。しかし、今の日本の学校教育でそれを実行するのは不可能に近いでしょう。

 

そして、大きな問題点として、中学、高校の教師自身の英語能力が低い場合が多いと言う現実があります。実際に使える英語を教える教師ならば、TOEICで900点、TOEFLで600点程度の英語力は必要です。

 

しかし、日本の学校の教師で、この基準をクリアしている人はほとんどいないのが実情なのです。そして、これら教師のレベルが低いと言う問題は、民間の英会話スクールでも同じようなことが言えるでしょう。

 

 

英会話は技術的には必ず習得できる

英会話は必ず習得できる

 

学校教育以外でも英語を勉強している人は多いのですが、英語を話せる日本人は本当に少ないのです。 多くの日本人が、長年勉強しても、なぜ英会話を習得できないのでしょうか?

 

それを追究してみると、英会話を習得できない人には共通点がある事がわかります。英語を勉強しても、身につけれる事ができない人は、実際それ相当の努力をしてない場合がほとんどなのです。

 

努力をしていると言っても、それは誇大広告の英語教材を試みたり、週に1回の英会話スクール通いだったりします。これだけで英語を習得しようとするのは、現実味に欠けています。

 

英語学習に成功する人は、英語と日本語は全く別の言語であり、ほとんど共通点のないことをよく理解しています。

 

その為、英語は簡単に短期間では習得できないことをよく理解しています。つまり、基礎力の土台も築かず、英会話を習得できると言うような甘い見積もりはしないのです。

 

結論から言うと、英語習得に成功する人は、「英語を習得する為の基本トレーニングを必要な時間量を実行している人」です。これは語学を習得する時の鉄則事項です。

 

必要な量の勉強を効果的に一定期間着実に継続するなら、誰でもかなりの語学力がつくのです。英語を習得する為に 特殊な才能は必要ありません。

 

英語習得は、多少は早い遅いのスピードの差こそあれ、技術的には勉強を継続すれば誰でも可能なのです。

 

 

社会人が英会話を身につける方法は、一番効果的なメソッド(学習方法)をみつけること!

トライズ英会話の成果の出る学習法

 

英会話が身につかない原因は、才能や能力ではなく、効果的なメソッドに従って十分な訓練を積んでいないからなのです。

 

つまり、英会話を習得するには、効果的なメソッドを見つけることが一番の課題なのです。この効果的なメソッドを一度理解して実行して行けば、英会話の習得スピードは段違いに上がります。

 

しかし、これを独力で作り上げていくのは大変難しいのです。では、「忙しい社会人」が効果的なメソッドを習得するには、どうすれば良いのでしょうか?

 

忙しい社会人でも、効果的なメソッドを見つける方法はあります。その方法とは、「最良質なコーチング系英会話スクール」を受講することです。

 

一番効果的なメソッド!コーチング系英会話スクール!

英会話コーチングスクール!

 

コーチング系英会話スクールならば、個々人の能力と目的にそった効果的なメソッド(学習方法)と学習プランを提供してくれます。時間がない忙しい社会人こそ コーチング系英会話スクールがお薦めなのです。

 

コーチング系英会話スクールは受講料は高めですが、本気で英語を習得したい方には 本当にお薦めのスクールです。

 

あなたの能力や目的に合わせた一番効果的な学習メソッドを提供してくれる 社会人にお薦めの 「3つのコーチング系英会話スクール」をご紹介します。

 

  1. トライズ(TORAIZ)

    トライズは、ひとり一人に専属コンサルタントがつく パーソナルコーチ型の英会話スクールです。社会人向けのビジネス英会話特化型のスクールで、ビジネスシーンで話せることを目的としています。日本人が英語を身につける為に 必要とされている1,000時間の学習を達成する為のプログラムを提供してくれます。1,000時間の勉強は楽ではありませんが、週5回の優秀な日本人コンサルタントによるフォローアップで確実に達成できます。受講生一人ひとりの実力と目的に合わせた学習プランを提供してくれる為、受講生満足度が高いのが特徴です。料金は高いですが、30日以内の全額返金保障があり、途中解約でも残りの期間の授業料全額返金など安心の保障サービスです。本気で英会話を習得したい忙しい社会人にお薦めしたいスクールです。

  2. ライザップイングリッシュ

    ライザップイングリッシュは、CMや雑誌で有名なダイエットのライザップが提供する英語のパーソナル型の英会話スクールです。高速レスポンス特化型のセッションで、英語に対する反応速度と処理速度を鍛えます。アウトプットの強化により、レスポンスの速度を向上させ頭の中を英語脳に切り替え、実用的な英会話を身につけることができます。受講生の英会話能力を短期間で向上させ最短2ヶ月で結果を出すこと目標とします。完全なマンツーマン指導なので集中して英語力アップができます。目標達成に向けたオーダーメイドの学習プランを提供してくれて学習の進捗状況に応じた支援をしてくれます。短期間で英会話能力を身につけたい方にお薦めしたいスクールです。

  3. プログリット(PROGRIT)

    PROGRITは、短期集中型の英語学習コンサルティングです。2ヶ月間の短期間で、ビジネス英会話法を一気に身につけたい方にお薦めのプログラムです。「ビジネス英会話」と「TOEIC」の2つのコースがあり、あなたの目的により選択ができます。受講生一人ひとりの目的と能力に合わせたオーダーメイドのカリキュラムを提供してくれます。理論に裏付けされた効果的なカリキュラムと問題解決能力を備えた専属コンサルタントの毎日のフォローアップにより、世界に通用する英語力の習得を目指します。PROGRIT(プログリット)は、短期集中型のコンサルティングプログラムです。

 

この3つのコーチング英会話スクールは、どれも甲乙つけがたいほど優秀なスクールです。

それぞれ無料相談や無料カウンセリングをしています。気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

Pocket